FUTABA&OS 九州大会

3001

今年最後の大会となる双葉OSヘリ大会に行って来ました。F3Cは、2016年度新ルールということもあって、皆さんの演技を見て大変勉強させて頂いた大会となりました。

私の機体は、インパクションE12の3B仕様です。まだ、調整に課題があると思いますが、思い切って3Bで出場することにしました。

2001

ローターは、ハルテック740SP3-3Bです。ホバリング時の小舵のフィーリングが非常に気に入っています。JR755も使ってみたのですが、調整しきれず、、、。ホバリングでのピッチ系は良いとして、強風時のピルエットにおける小舵の入り方が難しく感じました。バッテリーはもちろん、HRT5800mah45Cです。ベック仕様で残量は、30%残量です。5000mahの軽量なバッテリーでも十分ですが、少し重量があった方が、ホバリングや上空飛行が安定するようです。新ルールのオートロも十分です。もちろん、バッテリーも長持ちするので、私は5800mahを愛用しています。

1001

機体の傾向ですが、新ルールに対応でしょうか、デルタスリーを0付近としている機体が見受けられました。

8001

7001

鹿児島の大浦選手の機体は、完全ノーマル仕様でした。良く飛んでいました。

6001

さて、私の方は、、、

5001

私の方は相変わらずで、、、

4001

ジャッジペーパーは良い方を、、、、。しかし、ずっと課題だった静演技が少し形になって来たのかなぁと思いましたが、本当はまだまだなんでしょう。また、次回頑張りたいと思います。

さて、5800mah45C、6000mah45Cのバッテリーも入荷しましたのでお知らせ致します。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

鬼澤選手!おめでとうございます!

12188453_385429974989171_451098027_


見事、念願のシード入りを果たした鬼澤選手!おめでとうございます!

鬼澤選手はHRT6000mahを愛用して下さっています。機体はクエスト製インパクションE12で、容量、トルクともに気に入って下さっているようです。

今年のF3C日本選手権においては、東日本地区の鬼澤選手、北陸中部の畑田選手、西日本地区の森山選手、森安選手が5800mah45Cを使用し活躍されました。益々のご活躍を期待しています!

★HRTバッテリーの次回入荷のお知らせ

次回入荷は12月初頃の予定です。

ご予約は、himejibc@yahoo.co.jp  まで。

| | コメント (0)

ショートマスト215mm フライトインプレッション!

12066053_535862776564582_40455523_2


11月から限定販売されるインパクションE12用ショートマスト215mmを、岡山県のF3Cフライヤー森安選手に試して頂きました。

12189052_535862706564589_1273878488


昨年まで2ブレードを飛ばしていた森安選手ですが、この春から3ブレード機を本格的に飛ばし始めています。一番の違いは、静演技における移動ですが、非常に楽に移動出来るということでした。当て舵が最小限で済むこのことです。また移動しながらのピルエットが難しいカップですが、当て舵量も少なくてすみ、スムーズに移動できるということでした。上空に関してですが、アップフリップにおけるピッチ操作がやり易いようです。

あくまでも筆者の感想ですが、CGY750での2ブレード機に関しては、ショートかロングかは意見が分かれるところと思いますが、3ブレードに関しては、タグスでもCGYでもショートマストの方が下も上も有利であるように感じました。

| | コメント (0)

インパクションE12用 ショートマスト215mm販売のご案内

906106_534170690067124_452686236705

RCハルテックから、インパクションE12用ショートマスト215mmを限定販売することになり、御案内申し上げます。(標準は230mm)  特に3ブレード仕様では、高い性能を発揮します。今月末から販売。(通常のF3C設定においてリンケージロッドが回り止めに当たりありません。*クエスト特注品)

ご承知の通り、双葉社製CGY750ジャイロとJR製タグスミニとではかなり特性が異なります。タグスミニに関しては、2Bでも、3Bでもショートマスト、ショートヨークがベストマッチします。新ルールのカップにおけるピルエットしながらの移動においてかなり有利と言えるでしょう。

905798_534170770067116_545792852686

しかし、双葉CGYでは少し違うようです。とにかく短い方が良いという訳ではないようです。CGYはバー付ヘッドをシュミレートして設計されているせいか、2B仕様に関しては、ショートマストよりも、むしろ純正230mmのマストが良い様です。

しかし、3Bに関しては、ショートマストにした方が移動など良いように感じました。上空でもアップフリップの演技など、かなりやり易くなるようです。設計の過程で心配していた、スワッシュ回り止めとの接触もありません。大会もシーズンオフに入ります。この機会に一度試して見て欲しいと思います。

特筆すべきは、インパクションE12にJRのタグスミニを使用しておられる場合は、その違いを特に実感して頂けることと思います。また、インパクションを3Bで飛ばされている方も、このショートマストの良さを実感して頂けると思います。

インパクションE12 ショートマスト215mm  ■3,000円(税抜)

お問い合わせ

himejibc@yahoo.co.jp

090-9044-9477

RC HARUTECH(春田まで)

| | コメント (0)

HRT6000mah45CとHRT5800mah45C入荷!

8001

  (写真/■HRT5800mah45C 13,500円/税抜)

HRT5800mah45CとHRT6000mah45Cが入荷致しました!

*2015年9月10日現在

9001

  (写真/■HRT6000mah45C 13,900円/税抜)

既にご愛用のフライヤー様はご存じかと思いますが、HRT5800mahは実際には5850mah程あり、HRT6000mahも実際には6060mahあるようです。

今週から予約者様への販売が始まっていますが、まだ数に余裕があります。

スポーツの秋!快晴の秋空の下、新しいパワフルなバッテリーで気持ち良くヘリを飛ばしてみませんか!

ご注文は、メールhimejibc@yahoo.co.jp か、

フェイスブックのメッセージからか、

または090-9044-9477(携帯電話/春田)まで。

| | コメント (0)

2015年度 第一回 JR四国大会!

90

  (写真/岡山の森山選手のSYE12-EX)

 8月2日、JR四国大会。いつもの様に四国大会は、天候にも恵まれ、多くの選手が参加し、無事全員が演技を終えることが出来ました。

 今回から、岡山大会と四国大会が一緒に。人数も多く、皆さん気合が入っていました。

 ところで私の方は、7月23日から連日産業ヘリコプターによる散布業のため、疲れがピークに、、、。「何もこんな暑い時期に大会しなくても、、、」とボヤキつつの参戦となりました。点数ですが、コーラーが演技名をコールする前に私が機体を上昇させてしまいました!本来30点あったであろう点数が0点に!後、3ハーフで45度テールが振って2点に、、、。3枚機での初出場も、後味の悪い散々な結果となりました。遊びと言いつつも、かなり落ち込みました、、、、。

 さて、大会の結果ですが、友人の森山選手、流石です!つい先日、バー付機からバーレス機に変えたばかりというのに、終始安定した飛行で、2位を獲得!超ベテランの持ち味を活かしています。彼の静演技は、特別安定感がありますね。どんな目をしているのか!?不思議です、、、。ありがたいことに、森山選手はHRT5800mah45Cを愛用。ローターはJR795ですが、トルクも十分で、しっかりとローターが回るということでハルテックバッテリーを愛用して下さっています。

 来月の本選では、ハルテック6000mah45C愛用の千葉の鬼澤選手とも、是非頑張って頂きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FUTABA&OS 関西地区ヘリ大会!

11178336_467471240070403_5118513641


2015年度のFUTABA&OSヘリ大会が、KMAで行われました。

11159544_463395707144623_1415541965

機体もメカもジャイロもすべて初めてずくし!

当日の本番まで約20F位しか飛ばしていませんが、何とかトラブルこともなく無事、初めてのFUTABA&OSヘリ大会が終了しました!

JR大会とは一味違った大会で、色々と勉強もすることが出来た大会でした。なにしろ、不慣れな機体なので、参加出来れば良いと思っていましたが、、、とにかく、久しぶりに興奮しました!楽しかったです!メーカー主催ですが、点数もユーザーを喜ばせて頂き感謝して帰宅しました!

11196303_464842940333233_3103628666


 日頃はJRヘリユーザーですが、他社の優秀なヘリも飛ばしてみたいと思い、インパクションを手に入れました。メカについては良しとして、機体について言うならば剛性が良い、特にリンケージのレイアウトが良いと思いました。機体進行方向にスワッシュPに対して2ロッド仕様になっている点が安心感を得ました。(JRのフォルツァ700も同じ仕様です)

 しかし、一番気になる点があります。それはマストの長さです。来年の新ルールから、各社ともF3C機においてリジット仕様機が確実に増えてくると思います。そうなると、マストを短くした方が有利です。これも好みですから、「絶対に、、、、!」ということはありません。しかしながら、マストを短くすることで、静演技での移動のスムーズさ、ピルエットにおける当て舵の少なさ、オートロ時における当て舵の少なさなど、デメリットより、メリットの方が多いのではと思います。インパクション用のHRTオリジナルリジットカラー(現在実用新案申請中)も販売予定です。7月の世界戦が終わってからの発表、販売予定となっています。

5月前半からしばらく、仕事で渡米しておりましたが、帰国してからノーマルのインパクションをショートマストにしてテストをしています。結果は、私の予想以上でした!ノーマルマスト時より、ジャイロ感度を上げることも出来ました。

11149575_581142178655746_2440987785

 時々、一緒に練習させて頂いています野々垣選手も、ショートマストを使用していますが、明らかに通常マスト230mmより、ショートマストの方が下、上とも演技がやり易く、決まり易いと言っておられます。インパクションE12を所有しておられる方で、ショートマストやってみたいけど、自分で加工するのもなかなか難しいと思っておられる方も多いのでは、、、。

 RC HARUTECHでは、限定ですが通常より15mm短いインパクションE12用ショートマスト215mmを販売することになりました。スワッシュからピッチアームまでのリンケージも新しい方式になります。(商品はオリジナルメーカー製造品) ご期待下さい。

後日、写真などご紹介させて頂きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

機体の調子が絶好調に!

このところ、本番機の調子が悪く、気分も下げ下げ、、、。

思い切ってノノ教官のもとに行くことにしました!

10841789_455965554554305_5195985222


ノノ教官から、テール関係の問題を指摘され再調整して頂きました。

するとどうでしょうか!ピルエットがやり易くなり、また見違えるように上空の飛びが変わったではありませんか!

昨年のクラブ対抗の調子良かった状態に戻ったというか、それ以上調子が上がっています。

11080283_455880737896120_2067303884

この機会に、ピッチカーブも思い切って見直すことにしました。

慣れるまでもう少し時間がかかりそうですが、縦モノがかなりやり易くなったようです。

テールローターも、元のラディック110mmに戻したのが良かったのか、落ち着いて演技が出来るようになり、これで一安心。これからは練習に集中出来そうです。

ところで、ノノ教官に預けています機体ですが、少しずつ調整が進んでいるようです。

11136243_455880914562769_8044018781

ノノ教官の人柄でしょう、ハーフボディーなど傷つきやすいものは、ご自分のものを使用、、、私のものは調整が終わってから装着とのことです。

今回ボディーは、ステイシー800を選択しました。完成が楽しみです!

いつデビュー出来るか未定ですが、年内には2~3回はこの機体でコンテストに出場したいと思います。

★ヘッドやダンパーの傾向、、、。

 ウレタンダンパーは非常に好評を得、とても嬉しいです。先日、試しにゴムダンパーを試してみましたが、やっぱり難しいな、、、確信しました。もっと安く出来るように努力したいと思います。現在JR用のウレタンダンパーについてもデザインを変更し、進めています。期待して欲しいと思います。

★ヘッドの傾向、、、。

 現在フローティングが主流ですが、これからは、フローティングとシーソーの間位のヘッドで、デルタ―スリーの無いヘッドが良いのではと思います。ヨークが短いものが要求されるのではと考えています。となると、ダンパーの性能がますます要求されます。

 もう一つの可能性があります。それは、3Dではあたりまえの完全リジットヘッドです。先日、テストでリジットヘッドで試したところ、ジャイロのセッティング次第では十分競技に使えると思いました。今年の世界戦でリジットヘッドで参加する選手が上位に食い込むのではと思います。ダンパーのアバウトさが無い分自然に感じました。風に圧倒的に強く、流れるような静演技が可能。また圧倒的な上空演技が可能です。

★これからのローターの傾向についてヒトコト、、、、。

 来年の新ルールも公表されましたが、さらに難度がUPしています。となると2枚ローターに関してですが、720~750mmサイズのローターが扱い易く有利になってくると思います。ギヤ比もハイギヤードの傾向になるでしょうから、モーターのKV値も低くなると思います。風に強い翼型、またオートロ性能などが要求されると思います。私個人としては、720~750mmが一番扱い易いと思います。

3枚に関しては、非常に可能性が高いと思います。ローター性能さえ確保できればリジットの方が良いかもと最近思うようになりました。JRの新型3枚用ヘッドでどちらが良いかの結論が出るでしょう。

| | コメント (0)

ハルテック5800mah45C バッテリー入荷します!

RC HARUTECH 競技用リポバッテリー5800mahが今週入荷します。

おかげさまで、バランス、トルクとも申し分ないとユーザーの皆さんから好評を頂いています。大会シーズンも始まります。大会に備えお早目のご予約をお待ちしています。容量に関して実際は5850mahあるようです。

只今、ご予約受付中です!

RC HARUTECH 競技用リポバッテリー愛用者

Img_1424_2

(昨年のJRチャンピオンシップでの岡田選手/高知)

Img_1411_2

(JRチャンピオンシップでの畑田選手/愛知県一宮RCへりクラブ)

RC HARUTEC 競技仕様バッテリーのラインナップ(2月からの価格)

■HRT5800mAh 45C 6S     13,500円(税別)

■HRT6000mAh  45C 6S    14,595円(税別)

ご予約は! → himejibc@yahoo.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RC HARUTECH 3ブレード調整 その1

 

 今、話題の3枚ローター用フラッピングヘッドを使った調整について、シリーズであれこれ述べてみたいと思います。

 さて、ここ2年ほど凄く変化したのが3枚の機体ではないかと思います。E・グラバー氏は、いち早く3枚機に転向。それもフラッピングヘッド仕様です。ドイツのルデガー氏もクエスト製インパクションの3枚仕様機のようです。私も2年前、JRのシルフィードE12、純正720サイズの3枚ローターでチャレンジしました。

Dsc006201


調整が不慣れだったこともあるかも知れませんが、難しいと感じあきらめていました。特にオートロは難しかったという記憶があります。ただ、ホバリングはカッチリしていたし、上空も小ぶりな演技がし易いという印象でした。2枚機にはない、3枚機の長所を随所に感じていました。

Img_2203

 この1~2年、各地の大会に参加し、そこで3枚機の演技を見ながら色々と思うところがありました。フラッピングヘッドなら、またオリジナルのローターでもう一度チャレンジしたいと強く思うようになりました。

 昨年11月頃から、JRの3枚ローターヘッドを使い、オリジナルローターに取り組む中で、自分でも言うのは何ですが、なかなか高性能なローターが出来上がったと思います。個人的には760サイズよりも、740サイズの方がホバリング、上空とも扱い易く好みです。考えてみれば、2枚ローターは合計530gが回転し遠心力を出しているのですが、3枚だと780gくらいで回転しています。3枚機の方が相当なジャイロプリセッション効果を生んでいることになります。ですから、舵がちゃんと利き、オートロさえ上手くいけば740サイズでも良いことになります。

 
Img_2205

 選手によっては、リジットの方が良いという場合もありますし、フラッピングの方が操縦し易いという場合もあると思います。使用するローターにもよりますが、私の場合はどうもフラッピングヘッドの方が手に合っているみたいです。740サイズよりも760サイズの方がより安定します。演技も少し大きくなるでしょうし、オートロもやり易いでしょう。好みですね。

 今年2月に新発売されたRC HARUTECHの”FBL740FAI-スペック3-3B”と”FBL760FAI-スペック3-3B”から、740FAI-スペック3を選び実際のPパターンを一通りやってみました。このシリーズは、非常に硬く作られていて剛性がとてもしっかりとしています。また、ドラックボルトの穴位置にも工夫が施されています。コードもテストの結果最も外乱に影響され難いサイズとしました。特筆すべきは、740サイズでもオートロが非常にやり易いという点です。私も躊躇せず2枚と同じような感覚でオートロをやっています。

 ヘッドがフラッピングということもあり、舵がニュートラル付近で少し効きが弱いと感じたので、JRタグスミニのコントロールゲイン、FFゲイン、Pゲインなど再調整しました。何か不自然なところもあるような、、、。その夜、ピッチアームを長めのものに交換し、純正のデルタスリーを少し減らすことにしました。次の日再び飛ばしてみたところ、結構自然な感じで、ホバリングも上空も飛し易く感じました。この辺も個人差があるので、絶対これが良いというものはないでしょう。自分でやってみるしかないようですね。ただ風が強い時、エクスポ調整だけでは調整しきれない時の備えとしては良いでしょう。


Img_2209

 さて、RC HARUTECH/FBL740FAI-スペック3-3Bでの回転数ですが、ホバリングで1,270rpm、上空(水平飛行時)1,850rpmが風にも強く、良い感触を得ました。760サイズでは、ホバリング1,220rpm、上空(水平飛行時)1,800rpmが良い感触でした。下のプロポの回転数ですが、下り時に過回転しますので高めに出ています。ですから、水平飛行時にプロポを見てチェックするようにします。自信の無い方は、友人に見てもらうと安心ですね。

●モーター&ギヤ比

5430-500KV   120:11=10.909 

バッテリ RC HARUTECH  5800mah 45C

Img_2204

つづく、、、、

3月からの販売価格

■HRT 740FAI-SP3 3B  25,000円(税別)

■HRT 760FAI-SP3 3B   25,000円(税別)

ご予約 → himejibc@yahoo.co.jp

090-9044-9477

RC HARUTEC  

| | コメント (0)

«いよいよウレタンダンパーが今月27日に出荷!