« パラメーターに対する追従性 | トップページ | RC HARUTECH 3ブレード調整 その1 »

いよいよウレタンダンパーが今月27日に出荷!

Img_2160

いよいよクエスト製インパクションE12ヘッド用のウレタンダンパーが今月27日に出荷されます。ご予約頂きました皆様、大変お待たせ致しました!一部削り出し加工のためにどうしても高額になってしまいましたが、更なる交渉の結果もう少しお安くご提供出来る様になりました。レッドマーカーが施されたダンパーは硬度75度で、グリーンマーカーは硬度70度になります。

Img_2163

この様な専用ケースで皆様にお届けします!

Img_2164

実際にヘッドに取り付けた感じです。試作テストを繰り返した結果純正ダンパーより内径をほんの少し小さくしてあります。スピンドルの動き対して不感帯が出ないための工夫です。また、ダンパーの厚みもほんの少し広げてあります。純正だとわずかですがスピンドルの方がほんの少し長さが勝ってしまい、各グリップに遊びが生じ、時たま離陸時に振動が出る時があります。それを無くすための対策です。


Img_2166

出来上がった硬度75度をテストして先ほど帰宅しました。

もう最高ですね!笑いが止まりません!!苦労したことが全て報われた気分です!確かに70度でも、80度でもない、75度のダンパーのフィーリングが伝わって来ます!硬度70度ではもう少しソフトな感じになります。回転数にもよりますが、インパクションでよく使われる780~760サイズのローターでは75度、740~720サイズのローターなら硬度70度が良い感じになると思います。

従来のゴムダンパーでは、夏場と冬場で硬度の違うダンパーを使い分けていましたが、ウレタンダンパーでは、オールシーズン同じ硬度を保ちますので、季節によって使い分けるという消極的な使い方が無くなります。むしろ決勝Fパターンでは75度を、予選Pパターンでは硬度70度を使用するという積極的な使用方法が出来ます。

ホバリングの離陸、2mでの止まり、45度のピルエットしての上昇、ピルエットと止まり、降下時のエルロンの利き具合と止まり、5mのバック移動と止まり、そして自然な2m降下と着陸。75度ダンパーの効果がバッチリ出ています!

上空での水平飛行のやり易さと昇りのRとUPフリップの利きと止まりなど、笑ってしまうほど言うことを聞いてくれますね!販売したくてPRのために大げさに言っているのではありません。バーレスを始めた時の多くの不満が、このウレタンダンパーのおかげで全てが解消され喜びに変わったからだと思います。

当初定価12,000円で、販売価格を9,800円にしていますが、製造工場様との交渉の結果8,800円で販売させて頂くことが出来ました。今回は限定50セットで完売しましたが、3月度のみ延長し、もう20セットの予約を受け付けることとしました。

それから、JRE12ヘッド用ウレタンダンパーを3月末販売します。硬度85度と80度のセットです。85度は800クラス~760クラスで、80度は760クラス~720クラスローター用となります。JRヘッド愛用者様にも、この革命的とも言える”ウレタンダンパー”を試して頂きたいと思います。

■ 予約 himejibc@yahoo.co.jp

|

« パラメーターに対する追従性 | トップページ | RC HARUTECH 3ブレード調整 その1 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。