KMA主催 2014年度ルールでの大会

Dsc01164001

 KMA主催によるF3C大会で、来年度から始まるF3C新ルールの大会に初めて出場しました。相変わらず、仕事が忙しく十分な練習が出来ませんでしたが、無事すべての演技をこなす事が出来ました。ローターは、DYの試作ローター750です。256g 今年のJR大会で、Y中社長から渡されたものです。

Dsc01165001_3

 例の北村氏考案のバッテリー・モニターも大活躍で、大会前の練習となるとついバッテリーを痛めがちですが、モニターのアラーム音に助けられ、いつも残量30%にキープ出来ました。

北村氏考案のバッテリーモニター(元日立の電子技術者)

Dsc01171001_3

 大会終了後、掲示板を見て驚きました。なんと順位は今年全日本選手権に出られた方々の次につけているではありませんか。順位は全く気にしていなかったのでびっくりです。

 今回の大会は、みんなバーレス機だと思っていたのですが、バーレス機が少なかったのは意外でした。ベスト10中バーレス機は4機のみでした。これでは、RCメーカーのバーレス機売れないかも、、、?

 私にとって今年出場した全大会は、ことごとく不満の残る飛びでした。700から800サイズへの変更、フライバーからバーレス機への変更など、変更が有りすぎで精神的に大変でした。しかし、今回の大会では来年ルールに向け弾みがついたようで、大変満足いく大会となりました。

今年の全大会が終了。これからは年末の仕事に集中です。

 

| | コメント (0)

フライト後のチェック!

Dsc09378

ギヤ比やモーター、一番調子良いのはどの組み合わせでしょうか~?

今回は、とりあえず手持ちの540kvを使用して、12:1にやってみましたが、現在は、11.5:1にし、ヘッドの比率も変更しています。

楽しみにしている500kvLEが、来たら10:1と10.45:1にも着手してみようと思います。

Dsc09434

6年ぶりのボディー塗装に、いささか疲れています、、、、。

外注塗装は5万円~10万円です。自分で塗装すると実費10,000円ぐらいでしょうか。でも大変です。

水平尾翼は、JR式だとエポキシで接着するだけなので、耐久性がありません。後日瞬間で補修しまくり状態になりませんか?

今回はせっかくなので、昔、ジェットレンジャー60でやった時のように、カーボンロッドのかんざしを埋め込み、水平尾翼にも1枚リブを入れ、塗装後接着する方式としました。

これで、フライト後も補修は要らないと思うのですが。

| | コメント (0)

KV560 VS KV520 (Limited Edition)

Dsc08258

早い人は、昨年には手に入れておられたようですが、探してやっとScorpionの HK-4525シリーズ520KV (Limited Edition)をホビーショップWIN店で手に入れました!

Dsc08261
これは、 HK-4025シリーズのKV560の巻線です。普通の太さです。

Dsc08259
これが、KV520 (Limited Edition)の巻線の太さです。ワイルドですね!到着したその日に機体にセットし早速、飛行場へ!

Dsc08263_3
ホバリングが良いですね!ピッチカーブにもよりますが、電動機にありがちなあのフアフア感がなくなったようです。上空も、張りや粘りが増したようです。

余談ですが、仕事がらエレキ・ギターを毎週弾いています。エレキの世界も電気的なノウハウがありまして、良い音を出すためには、ギター本体の良し悪しというよりも、ギターアンプが重要なのです。ギターが2割で、8割アンプで決まります。で、どんなアンプが良いかと言うと、ハンドワーヤードアンプなんです。1960年代のビンテージがそれにあたります。ギターをかき鳴らし音をたくさん弾いた時、電気が多く流れますね。基板(線が細い)だと効率が悪く、良い音がしないんです。しかし、基盤を一切使わず作られているハンドワイヤードアンプは、100%の効率で音が再現されます。私も、ビンテージアンプを2台持っていますが、既存のアンプには絶対に出せないサウンドあります!ちなみに、値段は通常のギターアンプの2~3倍は軽くします。

Ds01669445_main_thumb1
ギター本体はヘリの機体、ギターのピックアップはESCアンプ、ギターアンプはモーターに相当するのかなと思っています。EPヘリの場合は、出来るだけローギヤにしてトルクを再現するか、高級なモーターを使ってトルクを再現するか、そんな感じなのでしょうか。楽しいけどやっぱり、RCヘリはお金がかかりますね、、、。来月から、ヘリの散布も始まります。今年も、頑張ります。もしかしたら、JR岡山大会参加するかもです。順位ではなく、懐かしい仲間に会いたいそんな気持ちがいっぱいな今日この頃です。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

スポーツ